onorichan’s blog

平穏を愛する私と夫と息子の暮らし。生活スタイル模索中な日々を綴ります。

敢えてのんびりするということ(映画編)

 

 昨日のひと時。

 

 夜。夫も飲み会でいない。息子もすやすや。久しぶりに映画を1本。

 「植物図鑑」をチョイス。

 恋愛一偏なのかな、面白くなかったら観るのやめてしまおうかな。

 なんて思いながら観たのです。

 

 結果、割と私好みの映画でした。

 私の割と好みな映画たちといえば

 ・食堂かたつむり

 ・めがね

 ・かもめ食堂

 ・つるかめ助産

 ・西の魔女が死んだ

 など。他にもあった気がするけれど、

 なにせ最近映画や本から遠ざかっていたので忘れてしまいました。

 もともと、人の名前や本や映画のタイトルなど覚えるのが苦手なのもありますが。

 なにが言いたいかと言いますと

 

 全体的にふわっとしている。そして何より、丁寧に生活している。

 っていうのが好み。

 

 ということ。こういう者たちを観終わると、影響されやすい私はたちまち

 自分も丁寧に生活したくなるのです。

 いつも以上に優しくものを扱ったり、丁寧に料理したり。

 ただ、長続きは決してしませんが。

 昨日も例に漏れず、映画を観終わった後しずしずと洗い物をする私。

 気分も軽いので意外とスムーズに事が進む。

 そんなことをしていると

 いつもなら時間がないから娯楽は後回しにしがちなのですが

 敢えての遠回りは気持ちも時間も豊かにするのね。

 なんて改めて思った夜なのでした。

 

 また映画観ようっと。