onorichan’s blog

平穏を愛する私と夫と息子の暮らし。生活スタイル模索中な日々を綴ります。

決められない症候群

 こんばんは、onorichanです。

大げさなのかも知れませんがここ数年間、人生における選択と決定のなんと多いことかと考えさせられることがたくさんあります。

子どもが産まれてからは特に、です。

些細なことかもしれませんが、保育園をどこにするかなんかはもちろん、受診先はどこにするか、そもそもこの症状で受診させるのか、保育園休ませるか、どんな風に向き合うか、叱るのか、褒めるのか…

子どものことだけではありません。

仕事はどうする、住まいはどうする、自分の健康ケア、将来設計、お休みの日は何をするか、今日のご飯は何にするか、今日何着ていくか。

選択と決定に満ちています。

 

今は特にコロナ禍ということも加わって、どうすべきかと思い悩むことが本当にたくさん。どうしてもできないことばかりを数えてしまい、不便に思ったり不満を抱えてしまうことも増えたような気がします。それも何かを決めるにあたって悩む一因となっているような気がします。

 

一度に選択することが押し寄せると思考が停止して、もはや何から手を付けたらよいかわからなくなっていまいます。

こういう時こそ今考えるべき、やるべきことを書き出して一番手を付けやすいところから一つ一つこなしていけばよいとは思うのですが、あれやこれやと手を出しては止まる。そして、そんな中でも日常で選択が必要な事態はどんどん積み重なっていきます。まるで小学生の8月31日みたい(私はこのタイプでした)。

あわあわしてしまいます。困ったものです。

 

と、そんなことばかり考えていても特に何も決まったりはせずに、時ばかり過ぎていくので。

とりあえず、ぐだぐだと考えずに食べて風呂入って寝る!を基本に。そして、できないことばかり考えずにその中でもできることを考えて、この選択と決定に満ちた世の中を渡っていけるとよいなと思います。

 

世の中よ、頼む、あまり急かすことはやめておくれ。

と思う今宵。

 

そんなことを考えて、ふと、毎朝毎晩息子を急かしている自分を振り返る。

 

息子よ、すまぬ。

…でももう少しスムーズによろしく頼む。

 

少しずつ秋めいてきました。

季節の変わり目、体調に気を付けてお過ごしください。

週の半分、あと半分。

気張らず参りましょう。