onorichan’s blog

平穏を愛する私と夫と息子とうさぎの暮らし。生活スタイル模索中な日々を綴ります。

数えてもよいことはない

こんにちは、onorichanです。

 

10年近く使っていたデスクトップパソコンが、遂に壊れてしまいました。

そしてその前にはエアコンの不調、

その少し前にはnasが壊れました。

 

続く時は続きますね。

 

 

我が家にはノートパソコンが一つあるので、緊急で必要!ってことはないのですが、

やはりあったものがないと不便さを感じてしまいます。

 

ミニマリストにはなれそうもありません。

いえ、わかってはいましたが。

 

自宅で小さな小さな菜園を作り、きゅうりを育てているのですが背だけは大きくなってくれたのですが、肝心なきゅうりが少しも大きくなってくれません。

トマトは美味しく収穫できているのですが。

肥料?水やり?んんんんんー。

 

お読みいただきありがとうございました。

夏の疲れ、日々の疲れは溜まっていませんか?

きちんと食事して、睡眠をとってくださいね。

今日も一日、お疲れ様です。

 

みえないけれどそこにはあるもの

こんにちは、onorichanです。

 

ある方たちの対談を見ていて、

この方、素敵だな。

という方の好きなアーティストに、自分の好きな方の名前が出ると

なんだか嬉しくなるのでした。

ああ、そういうわけで惹かれるのか。と、しっくりくる感じ。

 

 

 

息子の妹分のお話。

我が家に迎え入れてから和室にケージを設置して、住まいとしています。

和室は玄関からもリビングからも入れるようになっていて、リビングとは引き戸で仕切れるようにはなっていますが、いつもは開けたままになっています。

そして、玄関へ出られる扉もいつも開けたままです。

 

いつも夕方のご飯時間にケージから出してお散歩をしてもらっているのですが、

彼女はいつもきっちり和室だけをお散歩して回ります。

 

ケージから出るようになって最初の方は散歩の時間になると扉を閉めていたのですが、

閉塞感もあるし、いちいち閉めるのも大変。というわけで開けたままにすることにしました。

 

すると和室に結界でも張られているの?というくらいそこからは出ない。

興味は示すけれど出ないのです。

きっちり和室の中だけをはしゃいで飛び回ったりしているのです。

もう数か月ずっとです。

 

和室の中は安全な空間で、自分のテリトリーであることを認識してくれているのでしょう。

それと同時にうさぎというのは本当に憶病で繊細な生き物なのだということを

この見えない結界のにおいを嗅ぐ彼女を見つめながら再認識したのでした。

 

いつか彼女がこの結界を突破してくることがあるのでしょうか。

 

そんな繊細な彼女。この間は少し散歩の時間が短いわよ!と

スタンピング(後ろ足をダン!とならします)で怒りを表わしていました。

ご、ごめんなさい。。。

主張はしっかり。

このあと追加でお散歩したら、その後はご機嫌にひっくり返って寝ていました。

 

さて、夏ももうすぐおしまいですね。

今年は自宅で夏祭りやプールをしたり、海へ行ったり、花火をしたり

できることを!と満喫できたように思います。

何年か経って息子に、「そんなの、覚えてないよ!」

なんて言われるかもしれないけれど、いい経験として積み重なるものの一つになってくれるといいなと思います。

秋は何ができるかしら。

大きな事じゃなくても、楽しいことを。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

天候、体調に気を付けてお過ごしください。

今日も一日、お疲れ様です。

 

行動力不足

 

こんばんは、onorichanです。

暑い毎日。

体調崩されたりしておりませんでしょうか。

 

私の住んでいるところから車で少し走ったところに商店街があります。

実は息子が生まれてから1歳までの間に住んでいたことがある土地なので、その間よくお散歩であるいた商店街。

 

商店街という雰囲気自体割と好きなのですが、

屋根もあるので天候が悪いときにも歩けるというところも利点の一つだと思っています。

雨の日なんかは子どもを連れてどこ行こうと考えてしまうことが多いので。

 

ただ、どこの地域にも割と多い問題なのだと思うのですが、

ところどころシャッターが閉まっていたり、歩いている人が少なかったりするのです。

歩くだけならいい気もするのですが、やっぱり楽しんで歩きたいしもっと賑わってほしい。

 

こうしたらどうだろう、ああしたら人が増えるかなと勝手に思い巡らせています。

これから長きに渡ってお世話になる土地。息子の成長の地。

そう考えると、今が悪いわけではないけれど、もっともっと素敵な地になってほしい。

 

何かできないかな・・・と思いつつも何も出来ていない毎日。

 

その前にあなた、早く新生活に慣れなされ。

と自分に言ってみる。

いえでも、ちょっと慣れてきました。

 

 

 

 

 

なんて考えつつ観るあらびき団

ついつい夢中になって、だんだん何書いているのかわからなくなってきました。

ごめんなさい。

 

明日も暑くなりそうです。

水分補給と休養をしっかりとして、気を付けてお過ごしください。

夜更かし!

おやすみなさい、いい夢を。

徐々に慣れる

こんばんは、onorichanです。

 

先回から何カ月も経ってしまいました。

その間にお引越し。

新しい地で新しい生活にもだんだん慣れてきました。

 

 

なーーんて言ってはみたものの、

まだそんなに慣れていない毎日。

3カ月経ってもまだまだ慣れません。

でも家族の毎日の生活リズムは組み立てられてきました。

残すは新生活の精神的慣れというところでしょうか。

生活環境もそれに合わせて微調整しながら。

 

せっかくお家を建てたので、

健康でこの先何十年と住めたらいいねと夫と話すこの頃です。

 

そんな引っ越し先で新しい家族を迎えました。

 近い近い

 

息子の妹分です。

息子は毎日お世話係をしてとても可愛がっています。

 

もちろんめだかーずも一緒にお引越ししてきました。

 

そして屋外家族ではありますが、

我が家につばめもお引越ししてきました。

息子、保育園へ行く前と帰りには必ずつばめさん見てくる!!

と様子を見に行っていたのですが(裏にあるので)、

昨日息子と覗きに行くとついにつばめの家族も増えていました。

どうやら3兄弟のようです。

旅立つその日までそっと見守りたいと思います。

 

 

 

とそんなこんなな毎日。

梅雨ですし大雨も心配です。

そしてそして、熱中症も。

どうぞ皆さまお体に気を付けて毎日をお過ごしください。

 

お読みいただきありがとうございました。

最近9時に寝落ちの日が多かったので、久々の夜更かしです。

起きられなくなってしまうので、この辺で。

おやすみなさい。

何事も出会い

こんばんは、onorichanです。

 

お引越しの見積を出していただいて、無事に予約が完了。

引っ越しの日取りが決まりまして、一つ安心。

 

そして最近洗濯機のご機嫌が今一つ。

引っ越しにもついてきてもらうつもりだったのですが、急遽買い替えることになりました。

今はネットでも買えるとは思いつつ、やはり直接話を聞きたい!

そしてできることなら交渉もさせてもらいたい!

というわけで、店舗で購入してきました。

「欲しいものを購入するときは何店舗も見て回る」「少しでも迷ったら購入は延期」というのが夫と私のこだわり。

なので、今回も即決せず少し寝かせたりして決定までには時間を置きました。

たくさん話を聞けるので、だんだん詳しくなることも楽しいですし、そうしていると必ずここだ!という良いご縁に恵まれるのです。

今はご時世もあるのであちこち飛び回れませんでしたが、でも今回もよいご縁があったと思います。

実は今使用している洗濯機も本当に破格の値段で購入させていただきました。これも本当に良いタイミングでした。

そんなことがあったので、足を使って情報を得たり交流するスタイルがやめられないのかもしれません。もしかしたら古いスタイルなのかもしれませんが。

 

ただ、今の洗濯機も家族の服を本当に毎日毎日頑張ってきれいにしてくれています。

感謝感謝です。

そう考えるとお別れはさみしいものですが、心を込めて、感謝を込めてお別れします。

 

そんなこんなで急に壊れてしまったらどうしよう、の心配も解決しました。

ただ、引っ越し先に送ってもらうのでそれまではどうかどうか元気でよろしくお願いしたいところです。

ダメだったらその時に考えましょう。

 

安心が増えると心も物事も動き出しますね。

あれもできるこれもしなくてはと前向き加減が多めになります。

 

まだまだ先行き不透明なことも多いのですが(特に私)

時にばばばっと動いて、あとはのらりくらりと。

 

引っ越し屋さんにしても洗濯機にしても熟考と決定に頭をぐるぐるさせはしましたが、

やっぱり動き回って丁寧に考えて決めることは楽しくもあるようです。

頭がクリアになります。

何事も頭の中だけで考えていては答えはなかなか出ませんね。

 

さて、まだまだやらなければならないことは山積みです。

…まあ、なんとかしましょう。

 

今日も一日お疲れさまでした。

明日は月曜日、憂鬱な方も楽しみな方も。

のらりくらり、時々ばばっと。

お身体お気をつけてお過ごしください。

 

作品たち

こんにちは、onorichanです。

 

お家で遊べるものたち

f:id:onorichan:20220130105045j:plainf:id:onorichan:20220130105332j:plain

その① レゴブロック

家族でレゴブロック。

それぞれが好きなように作成しました。

左奥が息子作の車。

右奥と右前方が夫作の飛行機と車。

その他が私作です。

タイムマシーン付きお家、工場の煙突、探索機カブトムシ1号です。

さて、どれがどれでしょう。

ちなみにカブトムシは一度息子に誘拐され、奪還しました。大人気ない母です。

 

その②

お絵描き。

息子作です。息子と先生だそうです。

かわゆい。

 

外出先に息子を置いたまま別の場所で用を済ませて息子を置いてきた場所がわからなくなるという非常に恐ろしい夢を見て目が覚めました。

何ていう夢。ツッコミどころが多すぎます。

多分、眠る前に新しい保育園に無事に慣れてくれるかなと考えていたからだと思います。

 

夢で安心しましたが、しばらく嫌な気持ちでいっぱいでした。

今日は良い夢観られますように…

 

お読みいただきありがとうございました。

夜の心配事は身体に悪いです。

出来るだけお日様に預けましょう。

奮起する

こんばんは、onorichanです。

なるべくたくさんアップしたい。

そう思っていたのに二日坊主にもなりませんでした。

そんなに忙しい毎日だったのかというと、それなりです。

気忙しくはあったような気はしますし、忙しくなかったかというとそうでもないのですが、それなりなのです。

 

毎日気が付くとあっという間に夜になってはいるけれど。

1日の早いこと。

1日どころではない、1年どころでもない、数年単位で早い気がします。

 

今村翔吾さんが「塞翁の楯」という作品で直木賞を受賞されたというニュースを目にしました。

30歳でペンを執り、子どもたちに30歳になっても夢は叶うということを証明したいと小説家の道を目指されたそうです。

そして書き始めて7年で直木賞。年月ではないのでしょうが、すごいです。

受賞の連絡をもらった際の今村さんの涙が大変印象的でした。

同年代の今村さんがこんな風に夢を叶えられていて、なんだかいろんな感情が生まれたような気がします。

勇気付けられもするし、なんだか羨ましくもなります。

 

何かを始めるのについつい、今の年齢や環境できることなのかどうかを考えてしまいます。

そうすると色々なことが制約的になり結局やらないという選択肢になるのです。

「こうするにはこうでなければならない」

と自分で制限を付けてしまうのです。一般的に物事を進めようとすると大方の枠組みや流れが存在していて、それにはまらないと受け入れられないような気がしてしまっているのでしょう。

ボーダレスなんて言われているこの世の中で、自分で自分の中に境界線を引いているわけです。

 

宝くじも買わなきゃ当たらないように、やりたいことや成し遂げたいこともやらなきゃできません。

先ずは行動あるのみですね。

 

今村さんは子どもたちへの証明のために夢を叶えられたとのことですが、

子どもではない同世代にも届きました。

そして、ここ数年まったくと言っていいほど遠ざかっていた読書、

また始めたいと思うきっかけをいただきました。

 

あっという間の数年。何をするにもあっという間なのなら、

やれることをやろうじゃないか。