onorichan’s blog

平穏を愛する私と夫と息子の暮らし。生活スタイル模索中な日々を綴ります。

抱えて蓄える

こんにちは、onorichanです。

だんだん外へ出ることに対する興味が深くなってきた息子。

「お散歩する?」とか「お出かけする?」と聞くと、

「ん!」と返事。靴下を用意すると嬉しそうに膝の上にちょこん。

次はどんな楽しいを見つけるでしょうか。

 

時折、祖母の言葉を思い出すことがあります。

「物は盗まれることはあるけど、知識は他者に盗まれることはない」

というものです。

この言葉を思い出しては、知りたい気持ちや学びたい気持ちを大事にしようと心に留めなおします。

私は特に飽き性でもあり、新しいことにチャレンジするのにしり込みしてしまう性質なので、もう少し、知りたい・学びたいという欲に貪欲に生きたいのです。

子どもじみているのかも知れないけれど、今は自分に何ができるかを再度見つめなおしているところのような気がします。

いつ終わりの時を迎えるか分からない人生、その時が来た時に「よし!やり切った!」って言える人生って自分にとってはどのようなものだろうか。

・その価値観、ほんとうにいるの?

・その慎重さ、必要?

と問いながら、ときには目を瞑って走ってみるくらいの度胸も必要です。私には。

 

と、言いつつも今は昔から好きなものにどっぷり漬かりたい気分なのは、大好きなしっとりとした秋だからなのだ。

大好きなものたちはそのままに。これから好きになるものも見つけるのだ。

貪欲貪欲。

耳をすます生活

            f:id:onorichan:20181016222530p:plain

 

こんばんは。onorichanです。

 

先日のブログ(  湯気が出る話 再び - onorichan’s blog)で保険の話をさせていただきましたが、すっきりついでに他のことも少しすっきりさせてみました。

1、手持ちの口座の整理

2、クレジットカードの整理

この二つ。少し身軽になった気分。

もう少し減らしたい体重はちっとも減らないけれども。

今年が終わるまでにゆるゆると色々なものを整頓していきたい。

もっとゆっくり丁寧に暮らせるように。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近、圧力鍋で料理することが増えました。

もともと持っていたのですが、なんとなく面倒で使う頻度は少なめでした。

でも、やっぱり便利。離乳食作るにも短時間で柔らかく煮ることができるし、

煮込み料理も長い時間煮込まなくてもできる(でも、時間かけて手間かけて料理をするのも悪くない、と思っています。くつくつ、ことことって、なんかすてき)。

 

シューという音とともに部屋中が纏う香り。

火を消して自然に圧が下がるときのピンが「かたん」と音を立てて落ちる音。

すべてがおいしいの過程です。

 

最近は、手羽元と大根、ゆで卵をお酢で煮たり、イワシを煮たりしています。

ちなみに今日はさんまを圧力鍋で。薄味にして息子にも。

骨までおいしくいただけました。

夫は圧力鍋でよくごはんを炊いています。いつも炊飯器で炊いているのですが、おかわりのごはんが足りないことがわかると、自分で炊く、と圧力鍋を出して炊いています。

あと、新米の季節。すぐに炊けるし、おいしいのです。

寒くなってきたので、もつ煮とかもいいですね。

 

 

湯気が出る話 再び

            ãã©ããã¢ã¤ã³ã³ç´ æ

頑張って書き上げた記事が消えました。。。が、頑張って復元しました!

というわけで、消えてしまった記事の再アップです。

元記事にスターを下さった方、本当にすみません。ありがとうございました。

 

こんばんは。onorichanです。

寒くなったり暑くなったりで体調を崩したりしていないでしょうか。

 

以前ブログに上げていた保険の件、ようやくまとまりました。

元来物事を決めることに時間がかかる私、頭から湯気が出そうになりました。

 

本当に簡単にですが、考えたことを少しだけまとめてみます。

以下の6つを理解していると保険の検討もしやすいし、将来設計もある程度(何が起きるかわからないからある程度、ですが)立てやすいかなと思いました。

 

  1. 今入っている保険をきちんと把握しなおしてみる
  2. 公的保障についての理解
  3. 自分や夫の勤め先の福利厚生をきちんと確認しておく
  4. ライフプランを立てておく
  5. 自分や夫の病気のリスクを知る
  6. どこまで民間保険に頼るか

では、少しずつ内容を。

 

今入っている保険をきちんと把握してみる

生命、医療、がん、と様々ありますが、入っているものの保障内容を先ずはきちんと把握しなおしてみました。あと、自動車保険も。重複していたり、足りなかったり、こんなに必要ないなという部分であったり、いろいろ見えてくるものがあります。それをチェックしていくと自ずと自分が必要、不必要と思えるものが分かってきました。

公的保障についての理解

「夫が病気になったり亡くなってしまったりしたときに一体いくら必要になるのか」という非常に初歩的な疑問から始まりました。

色々考えていくと、そもそもの保障って、民間の保険だけで考える必要はないな、と。

国民皆保険制度があるじゃないか、と思ったのです。

言わずもがな、皆さん何らかの公的保険に加入しています。その保険を利用するので負担は100ではないはずです。また、医療費が自己負担の上限額を超えた場合、高額療養費制度も利用できます。

 

お恥ずかしい話、私自身長々語れるほどではないのでこれ以上突っ込まないことにしますが、意外と知っているようで知らないことが多いような気がします。

実際、制度の名前事態は聞いたことはあっても、自己負担限度額や細かい内容などは、実際に医療費がかかる事態にならないと考える機会はそうないような気がします。

でもここを全く理解せずに民間保険を検討していると非常にもったいないことになるような気がします。

自分や夫の勤め先の福利厚生をきちんと確認しておく

これも上記と同じようなことで、自分や夫の勤め先がある場合、その福利厚生ってすべて認識できているでしょうか。ここをきちんと確認することで意外な発見もあったりします。

ライフプランを立てておく

働いて収入を得る状態をいくつまで続けるか。老後はどう生活するか。

など、いくつか考えておく節目がありました。そんなに細かくではなくとも立てておくと保険に関わらず生活目標なども立てやすい気がします。

自分や夫の病気のリスクを知る

これは医療保険を検討するときに考えました。

なってみないと分からないことではありますが、遺伝性のあるものなどがあれば、検討できることもあるかと思います。

あと、健康診断結果の傾向とか、生活状況で考えられるリスクとかも想像できると思います。でも、これは想像できるのなら回避できることもありますね。

どこまで民間保険に頼るか

前にも書いたような気がしますが、高い保険料を払って今の生活がひっ迫していたら意味がない。それなら、その分を健康維持や検査などにお金を使った方が余程よいのではないかと思っています。

ごく最低限にして、ある程度は貯蓄でカバーできるようにしていくのもありかなとも考えました。貯金ではなく、運用していくというのも最近ではよく聞きますね。

おわりに

と、簡単にと言ったものの長々と書きましたが、それぞれの考え方や生活スタイル、生活プラン、金銭事情によって保険への入り方は様々だと思います。

保険には入りません。という選択もあるかと思います。なので、具体的なプランなどについては言及しません。これが正解ってないのかな、と。

また、最近のニュースで組合健保の解散のニュースを見て、公的保障の動向も見ていく必要があるなと感じました。

あとはプロに相談することが一番だと思いますが、でもその前に簡単にでもきちんと自分の周囲を把握してみた上で相談した方がより分かりやすくスムーズだと思いました。

もちろん、相手はプロですから私みたいなちんぷんかんぷんな人間にもばっちり対応して頂きましたし特に問題はないのですが、今後のことも考えた上で、知っているのと知らないのとではやはり違う気がします。

 

すべて理解して整理しきれているわけではないですし、知識不足もたくさんあると思いますが、保険に限らず「きちんと知る」ことの大切さを考えさせられるきっかけとなりました。

多分、小難しいからとりあえず深くは考えないようにしよう、となっていることが自分の中で他にもある気がします。忘れていますが・・・

 

 

我が家は来店するタイプの保険相談へ行ったのですが、訪問してもらうこともできる保険相談も便利ですね。小さい子がいると出先で相談は何かと骨が折れました。

 

最新保険ランキング2018年下期 (角川SSCムック)

最新保険ランキング2018年下期 (角川SSCムック)

  • 作者:ピーアンドエフ
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日: 2018-09-05

こういうものも参考にしてみました。

 

以上、ド素人がお伝えしたので特に参考になるか非常に微妙ですが・・・

長々とお目汚し、失礼いたしました。

なりたい自分を見つける作業の1つ

こんにちは、onorichanです。

 

突然ですが私、ブログを書くにあたって自分で決めごとをしています。

 

1愚痴は書かない

2他者を攻撃するような内容は書かない

3きつい言い回しならないように気を付ける

 

この3つ。マナー上当たり前の部分も含まれますが。

これは誰かのためというよりも、自分のためにそうしています。

もともと私は物事をきっぱり言ってしまったりついつい批判的なことを言ってしまったりするところがあります。

実際に顔を見ての間柄なら、ある程度であればニュアンスや温度感、親密度やお互いの性格の理解などで分かりあえたり言いたいことが伝わったりもしますが、

ネット上ではどうしても人となりすべてを理解することは(できることもあるかもしれませんが)難しいことで。

実際に面識があってもすべて理解することは難しいですしね。

なので、言いたいことがあるならなるべく本人へ直接言う、それができないのであれば極力言わない。

と決めています(実生活ではついつい愚痴ってしまうこともあるので難しいのですが)

顔の見えないネット上で発散する必要はないな、と。

万が一、億が一かもしれませんが、愚痴などに登場した相手がそのブログを読んだらどう思うだろうか。関係は悪化すれど良好になることはまずないな。と。

 

なので、生活するうえで出会った嫌な出来事やなんかは書かないことに決めています。

そういうことを書かないでいるとなかなか充実した幸せしかないブログみたいな感じになりますね笑

いえいえ、ケンカもするしイラッとすることもあります。人間ですから。

でもそこを吐き出すのは私のブログの目指すところではないと思っています。

じゃあ何を目指してるのかと言われると詰まりますが。。。

 

誤解のないように書かせていただくと、

愚痴が悪いことであるとはまったく思っていません。

どこかで吐かなきゃ保てないものがある方もいると思います。

なので、愚痴を言うことで良好になることがあるのであれば一つの手段であると思います。

私の場合、愚痴を言うことはおそらく何の利点も生まないし、負の感情が自分に返ってくるだけであると判断したのです。

発散するなら他の方法を探したほうが自分や自分の周りの人のためになる

と思ったのです。これは自分の性格も加味した上で。

 

最後に、上記のように思ったのはやはり息子の存在が大きい気がします。

いつかいろいろなことが分かるようになった息子が何かのきっかけで母の書いていたブログを見たときに何と思うか。傷ついたり、ショックを受けたり、がっかりさせたりしないだろうか。

もともと自分自身そんなにできた人間ではないですが、でも大事なことではないかな、と。

あるかないか分からない設定ですが、その目線を忘れたくないなと思っています。

もちろん、実生活でも気を付けたいと思います。

むしろ実生活気を付けなければ。

子どもって、本当に親をよく見ていますよね。

 

長々個人的すぎる文章をお読みいただきありがとうございました。

今日はただの自分の決めごとの確認でした。

次はようやく決めた保険の話でもさせてもらおうかな。

本当は保険の話を自分の中でまとめるためにもしたかったのだけれど、

うまくまとまらり切らずに煮詰まったので全然違うブログあげさせてもらっちゃいました。

 

追伸 今日は夕ご飯の献立が決まっているのでラッキーな日です笑

優しさと強さと

     

                                        f:id:onorichan:20181001171422p:plain


靴を履いて歩けるようになった息子。

体を動かしてもらおうと近くの公園まで行ったのですが

まあ、台風の後ですものね。案の定水たまり。

車通りがほとんどない道路で少しお散歩。

風はまだ少しびゅんと吹く。

どてっとならないように様子を見ながら彼の行動を見守りました。

立ち止まったり少し歩いたり。

風が吹くと2本の足で踏ん張り体を支える。

小さな体で逞しく生きている息子。

できなかったことがぐんぐんとすごいスピードで出来るようになっています。

儚げだけれど力強い。

本当に、子どもってすごいと改めて感じました。

 

帰り道、息子を抱っこして歩いているとぽつぽつと雨が。

慌てて早歩きで帰宅中に息子の靴が片方脱げたことにも気付かず。

帰宅して気付き慌てて息子と引き返すと商用車に乗ったお兄さんがわざわざ車を止めて息子の靴を拾ってくれていました。

優しい!優しい!!優しい!!!

ほんの30分足にも満たない外出でたくさんの感動を得た気がします。

今日はいい日だな。

 

今日は「迷ったけれど購入してよかったシリーズ」第四弾をと思っていたのですが、あまりにもほっこりしてしまったのでお散歩エピソードを長めに載せてみました。

なので、第四弾は短め。

 

第一弾~第四弾はこちらで!

 

onorichan.hateblo.jp

 

第四弾

ハンドブレンダー

 

言わずと知れた離乳食初期のお助けグッズです。

すりつぶして~の時期なんて一時だしどうしようかな~なんて思っていたのですが、

うんうん、やっぱり助かりました。

もう、すぐ終わる!ぶいーん!で終わる!!

ブレンダーなしのときに比べると一瞬でした!

たしかに、離乳食としてブレンダーを使用するのは過ぎ去ってみると一時。

でも使用方法は他にも。

私は主にスープ作りのときなんかに使っています。

息子に作ったかぼちゃ料理の際に外したかぼちゃの皮を冷凍して取っておいて

ある程度たまったらスープにしたり、

夫が苦手なカブをスープにしたり(これならカブ嫌いさんでもいけます)

これからの季節、温かいスープなんてぴったりですね。

 

大きいものでなければ場所も取らないし、洗うのも楽ですね。
 
ーーーーーーーーーーーー
 
twitter始めてみました。
とはいっても、「twitterはじめました」っていうツイートしかしていないのですが。。。
 

大好きなものたち

             f:id:onorichan:20180927220914p:plain

 

こんばんは。onorichanです。

手の乾燥が気になってきました。

おむつ替えしていると自動的に手を洗う頻度も多くなってより乾燥していく。。。

バタバタしているとハンドクリームを塗ることすら忘れてしまうのです。

去年はあかぎれができてしまったので、今年はしっかりケアしたいところです。

 

 ーーーーーーーーーー

 

お待たせしました!

「迷ったけれど購入してよかったシリーズ」第三弾

ごめんなさい、待ってないですね笑

言ってみたかったのです!!

 

 

一弾、二弾はこちらからだん(ごめんなさい、眠くなってきたもので)

onorichan.hateblo.jp

 

 

onorichan.hateblo.jp

 

そんなこんなの、三つ目。

 

絵本です。

私も夫も本が好きで、本棚に収まりきらない本がたくさん。

息子にも本に触れあう機会を持ってほしいので、

お下がりでいただいたものを含め絵本をたくさん置いています。

将来本好きになるかどうかは分からないし無理強いはしないけれど、環境だけは常に。

今は息子は本が大好きで、「これ読んで!」と言わんばかりにずいっと絵本を渡してきたり、ときには自分で楽しそうにページをめくっています。

その中から、息子が好きな絵本たちを何冊か紹介します。

 ただ、月齢が上がるにつれて興味が出てきたものや、興味が少し薄くなったものもあります。

 

最近のお気に入りはこれです。読んで読んでと本を渡すこともそうですが、自分でめくって「ばあ」とお話しています。なんとも独特なイラストなのですが、はっきりした色と印象的な絵が引き付けるのでしょうか。

 

 

はいはいするくらいのころからはまっているような。各ページに小さな鏡がついているので、のぞきながら読んでいます。

 

 

これは割と長く読んでいる気がします。仕掛けがある絵本なので、自分でめくって読んでいます。食べるの大好きな息子にぴったりの一冊です。

 

 

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

ロングセラーですね。これもずっとお気に入り。絵も優しい。

 

 

これも仕掛けがあるので、「ばあ」と言いながら自分でめくっています。

 

 

ぱくぱく (ちっちゃないのち)

ぱくぱく (ちっちゃないのち)

幼虫がどんどん成長していくお話なのですが、たぶん、音がすきなのかな?と思います。

 

総じて仕掛けのあるものや、「いないいないばあ」とするものが好きなようです。

他にもお気に入りの本や低月齢のときに好んで読んでいた本などもありますが、長くなってしまうのでこの辺で。

 

ーーーーーーーーーー

 

お読みいただきありがとうございました。

季節の変わり目、皆様ご自愛くださいませ。

 

 

もぐもぐ

      f:id:onorichan:20180926143418p:plain

 

 こんばんは。onorichanです。

 

常に本日のメニューの心配をしている私。

何を作ったらよいかと悩みます。

決まっている日は幸運な日。というわけで、今日は幸運デー。

ポトフです。

ちなみに昨日も幸運デーでした。昨日は手作りシュウマイ。

ここ1,2年でお気に入りメニュー。

簡単だし、大きさも自分好みに出来るので前まではシュウマイは購入して食べていましたが、手作りにしてから購入することはほぼなくなりました。

いつも普通のシュウマイなので、今度はエビシュウマイにしてみたい。

エビ好きなのです、私。

 

 

 ーーーーーーー

さて、

「迷ったけれど購入してよかったシリーズ」第二弾です。

第一弾はこちらからどうぞ。

onorichan.hateblo.jp

 

 

第二弾は、

 

卓上扇風機

卓上なのですが、我が家は車用に購入しました。

後部座席にエアコン吹き出し口がある車であれば必要ないのかも知れませんが、

我が家の車にはないので、後ろの座席は冷房効かせていても暑いことがあります。

特にチャイルドシートに乗せていると蒸れるので、熱がこもってしまうことも。

そんなこんなで扇風機を購入しました。

空気の循環もよくなり、快適。今季の夏は特に暑かったので、大変重宝しました。

これなら子どもが大きくなっても車ではなく別のシーンでも使用できます。 

 

ちなみに充電タイプもあるみたいです。

 

ーーーーーーーーー

 

先日、息子だけ今年の梨デビューしました。

外出先で食べたので、私と夫は食べそびれました。

今度こそ、です。

果物って高いイメージが強いので、

子どもが生まれる前は自分で果物買うことってあまりなかったのですが、

妊娠中の謎の果物フィーバー(スイカやカットパインを主に無性に食べたくなる時期が続きました)以降、息子の離乳食が始まってからは特に季節の果物を購入する機会が少しだけ増えました。

果物に限らず、食べ物を旬のときに買うことって

なんだか健やかなイメージがして好きです。

何よりおいしいですし、季節を感じながら食べる楽しみもある。

それに時期が外れるよりもお値段も少し手頃になりますね。

 

なんだろう、今日は食べ物の話ばかりしてしまいました。